静岡百景
静岡市役所 旧館
まるで昭和にタイムスリップしたよう。

昭和9年に建てられ、静岡大火・空襲でもまさに奇跡的に焼失することなく残った静岡市役所旧館は、名古屋、京都、鹿児島の各市と共に、戦前から残る市庁舎として全国でも稀少な存在。文化庁の有形文化財に登録され、歴史的な価値とともに建築としても高く評価されています。
4階建ての上に個性的なスペイン風ドームの塔屋が重なり、外壁にはタイル貼りとテラコッタの装飾が施され、旧静岡市のシンボルとして市民に親しまれ続けてきました。

内部の階段と中央のステンドグラス

旧館裏の中庭

車よせの正面玄関から入ると、エントランスをぬけて木製手すりの階段が踊り場から左右に広がり、その中心にはステンドグラスの大きな窓が配されています。まるで昭和の時代のまま、ここだけ時間が止まってしまったような錯覚を感じる雰囲気が魅力です。

内部の1階は現在も環境局の一部と市民ギャラリーなどとしても活用され、市議会が開かれる階上の本会議場などを除いて自由に見ることができます。市役所というあまりに身近な存在ですが、その歴史的な価値を改めて確かめたい施設です。

静岡県庁 本館
帝冠様式と呼ばれた和洋折衷の外観。

昭和9年に募集した懸賞設計当選案に基づいて静岡市役所旧館の設計者である中村與資平 氏が実施設計を行い,昭和12年に建てられました。
地上5階建てコンクリート造りのビルに瓦ぶき屋根が乗る帝冠様式と呼ばれる外観が、静岡市役所旧館とともに昭和の時代を今に伝えています。これは当時流行した和洋折衷の様式で、ともに火災や空襲から逃れ、登録有形文化遺産に指定されています。
エントランスから階上に続く雰囲気も昭和そのもので、屋根瓦の一部に空襲で被弾した部分を修理した跡が残っているそうですが、地上から見ることはできません。

正面玄関から続く内部

別館2階の展望ラウンジから日本平方面を見る

現在ではこの本館の左右に地上16階建ての東館と地上10階地下1階縦の西館、また地上21階の別館が建てられ、静岡県の行政を担っています。
別館の21階の展望ラウンジは一般に開放されていますから、気軽に静岡市街を一望できる眺めを楽しめます。

マッケンジー邸
茶の輸出振興と社会福祉に貢献したマッケンジー夫妻の邸宅

貿易商社に勤務していたダンカン・J・マッケンジーは、日本支社勤務となって大正7年に妻のエミリー・M・マッケンジーとともに来日しました。
日本茶輸出の振興に力を注いだことによったのか、昭和15年、静岡市にこの邸宅を建てました。
設計は日本で多くの建築をてがけたことで知られているW.M.ヴォーリズで、大正時代の末から昭和時代初期にかけて日本で流行したスパニッシュスタイルの外観が特徴です。

太平洋戦争により夫妻は帰国させられますが、戦後の昭和23年に再び来日し、この家に戻りました。
昭和26年に夫のダンカンは病死しましたが、妻のエミリーはここに留まって社会福祉事業に尽力し、静岡市名誉市民の第一号に選ばれています。この邸宅の隣に残る「乳児院」の施設跡から、彼女の功績を偲ぶことができます。
高齢になったため帰国するに際し、屋敷の半分を静岡市に寄贈し、残り半分を静岡市が買い取りました。
こうして旧マッケンジー邸として残ったこの邸宅は、国登録有形文化財となって静岡市が管理しています。

海岸近くだったため、設計・施工には潮風から守る工夫が施され、ピアノが置かれたリビング、台所のシステム・キッチンやアメリカ製調理器具、水洗式のトイレ、地下室にボイラーを設置したスチーム暖房などの設備も、マッケンジー夫妻が生活していた当時のままに保存されています。
(三階は天体観測に使われていましたが、現在は入室できません。当時は満天の星空を見ることができたのでしょう。)
また、庭のガレージには昭和22年製のキャディラックが当時のまま格納され、夫妻が持ち込んだ当時のアメリカ文化の豊かさを、今に伝えています。
庭のすぐ南側には現在、通称「いちご街道」と呼ばれる国道150号線の道路が通っていますが、当時はすぐ近くに海岸が見渡せたはずです。駿河湾が広がる海辺の景色を、マッケンジー夫妻は眺めていたはずです。


住所/静岡市駿河区高松2852番地   電話/054−237−0573(または静岡市文化財課054−221−1066)
入場料/無料
休館日/月曜(休日にあたる場合はその翌日)・祝日の翌日(土・日曜の場合を除く)・年末・年始(12月26日から翌年1月5日まで)
交通/バス 石田街道線(下島経由大谷行き「浜敷地」下車)    駐車場:あり

採光と眺望に配慮した多角形の窓による居間。

すでにシステム・キッチンが備えられていた台所

住所/静岡市駿河区高松2852番地   電話/054−237−0573(または静岡市文化財課054−221−1066)
入場料/無料
休館日/月曜(休日にあたる場合はその翌日)・祝日の翌日(土・日曜の場合を除く)・年末・年始(12月26日から翌年1月5日まで)
交通/バス 石田街道線(下島経由大谷行き「浜敷地」下車)    駐車場:あり

日本平 夢テラス
山頂で静岡のパノラマ・ビューを存分に楽しむ。

日本平は駿河湾の沿岸に近い標高307.2mの丘陵地です。そのため山頂から360度の眺めが楽しめます。
昭和26年に県立自然公園、昭和34年に国の名勝に指定され、日本観光地百選コンクールで1位を獲得したことがあるほどの静岡を代表する景勝地。日本夜景遺産にも認定されていますが、それにふさわしい山頂の整備が長い間、待ち望まれていました。そこで、静岡県が静岡市とも協力して2018年11月3日にオープンしたのが「日本平夢テラス」です。

3階建てで正八角形の「展望施設」と約1200平方mの「和風庭園」、デジタルタワーを囲んで巡る「展望回廊」によって構成され、富士山や南アルプスの山々、駿河湾、三保松原などが広がる眺望と、土曜日は21時まで営業しているので、静岡市街や清水港の美しい夜景を楽しむことができます。
毎月第4土曜日は、山頂で「日本平夜市」が開催され、出店やイベントが開かれますから、日没のころから夜にかけての景色の変化も観賞できます。

施設の外装・内装ともに自然景観と調和するよう、静岡県産の木材がふんだんに使われ、美しく木材を組み合わせたこだわりのデザインを設計したのは隈(くま)研吾氏。
東京五輪(2020年)のメイン会場となる新国立競技場を手掛ける建築家として知られています。

駐車場のそばには「東展望台」、夢テラスのすぐ先には日本平からの眺望を絶賛した有名な徳富蘇峰 氏によって選定された4箇所(吟望台・鐘秀台・超然台・望嶽台)のひとつである「吟望台」(ぎんぼうだい)など、山頂一帯を巡る楽しみもあります。
また、少し下れば「日本平ホテル」があり、その野外庭園は、2007年に放送されたテレビドラマ『華麗なる一族』のロケ地としても有名です。こちらも無料で開放されていて、ホテル6階にある屋外テラスも眺望が良く、宿泊者以外も利用できます。

この「夢テラス」ができたことで、従来の『日本平』のイメージがより魅力的なものに大きく変わりました。改めて足を運んでみたいところです。

デジタルタワーと夢テラスの木組みの屋根

西側の大崩、焼津方面を望む

1階展示エリア
「日本平」の歴史を、神話・伝説の時代から絵巻のように紹介するグラフィックパネル。一帯の地形の成り立ちがわかるプロジェクションマッピング。周辺の観光スポットを案内するタッチパネル。

2階ラウンジ
季節のお茶や茶菓子とともに、景色を楽しみながら、くつろげるラウンジ。

3階展望フロア
全方位の眺望が楽しめる展望フロア。天候によって富士山を望めないときにも、大型モニターで美しい富士山の映像を表示。

庭園
四季折々の花が咲き、施設の魅力を引き立たせる約1,200平米の庭園。

展望回廊
1周約200mの展望デッキからは、富士山をはじめ、三保松原、駿河湾、静岡市内など360度の眺望を楽める。

所在地/〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙600-1
電話番号/054-340-1172
開館時間/日?金曜日 9:00?17:00  土曜日 9:00?21:00  ※展望回廊は終日入場できます。
休館日/毎月第2火曜日 及び年末(12/26?12/31)
入場料/無料
駐車場/無料・普通車約140台
交通/JR静岡駅よりバスで約40分、日本平ロープウェイ行き「日本平石碑前」下車徒歩5分
    JR東静岡駅よりバスで約25分、日本平ロープウェイ行き「日本平石碑前」下車徒歩5分
夢テラスカフェの営業時間:
・平日、日曜日/ 9:00〜17:00 (ラストオーダーはドリンク:16:30・フード:11:00〜16:00)
・土曜日/ 9:00〜21:00 (ラストオーダーはドリンク:20:30・フード11:00〜20:00)