長く暮らしてきた地元の見慣れた景色でも、観る角度をちょっと変えたら新鮮な感動を覚えたり、その歴史的な成り立ちを新たに知ったり、再開発された新しい佇まいに驚いたり‥‥、見なおせば、あなたにとっての新しい名所?の発見があるかもしれません。そんな静岡らしい「眺め」をご紹介します。
歩いて、自転車で、バスや電車に乗って、気持ちをリフレッシュさせる体験に出かけてみませんか。ぶらり一人で、友達を誘って‥‥。今一度、「しずおか」。

静岡市役所 旧館
まるで昭和にタイムスリップしたよう。

昭和9年に建てられ、静岡大火・空襲でもまさに奇跡的に焼失することなく残った市役所旧館は、名古屋、京都、鹿児島の各市と共に、戦前から残る市庁舎として全国でも稀少な存在。文化庁の有形文化財に登録され、歴史的な価値とともに建築としても高く評価されています。
4階建ての上に個性的なスペイン風ドームの塔屋が重なり、外壁にはタイル貼りとテラコッタの装飾が施され、旧静岡市のシンボルとして市民に親しまれ続けてきました。

車よせの正面玄関から入ると、エントランスをぬけて木製手すりの階段が踊り場から左右に広がり、その中心にはステンドグラスの大きな窓が配されています。まるで昭和の時代のまま、ここだけ時間が止まってしまったような錯覚を感じる雰囲気が魅力です。

内部の1階は現在も環境局の一部と市民ギャラリーなどとしても活用され、市議会が開かれる階上の本会議場などを除いて自由に見ることができます。市役所というあまりに身近な存在ですが、その歴史的な価値を改めて確かめたい施設です。

内部の階段と中央のステンドグラス

旧館裏の中庭

静岡県庁 本館
帝冠様式と呼ばれた和洋折衷の外観。

昭和9年に募集した懸賞設計当選案に基づいて静岡市役所旧館の設計者である中村與資平 氏が実施設計を行い,昭和12年に建てられました。
地上5階建てコンクリート造りのビルに瓦ぶき屋根が乗る帝冠様式と呼ばれる外観が、静岡市役所旧館とともに昭和の時代を今に伝えています。これは当時流行した和洋折衷の様式で、ともに火災や空襲から逃れ、登録有形文化遺産に指定されています。
エントランスから階上に続く雰囲気も昭和そのもので、屋根瓦の一部に空襲で被弾した部分を修理した跡が残っているそうですが、地上から見ることはできません。

現在ではこの本館の左右に地上16階建ての東館と地上10階地下1階縦の西館、また地上21階の別館が建てられ、静岡県の行政を担っています。
市役所と同様に階段や廊下は自由に通ることができますから、昭和のなごりを感じることができます。別館の21階の展望ラウンジも一般に開放されていますから、エレベーターを利用して気軽に静岡市街を一望できる眺めを楽しめます。

正面玄関から続く内部

別館21階の展望ラウンジから日本平方面を見る

マッケンジー邸
茶の輸出振興と社会福祉に貢献したマッケンジー夫妻の邸宅

貿易商社に勤務していたダンカン・J・マッケンジーは、日本支社勤務となって大正7年に妻のエミリー・M・マッケンジーとともに来日しました。
日本茶輸出の振興に力を注いだことによったのか、昭和15年、静岡市にこの邸宅を建てました。
設計は日本で多くの建築をてがけたW.M.ヴォーリズで、大正時代の末から昭和時代初期にかけて日本で流行したスパニッシュスタイルの外観が特徴です。

太平洋戦争により夫妻は帰国させられますが、戦後の昭和23年に再び来日し、この家に戻りました。
昭和26年に夫のダンカンは病死しましたが、妻のエミリーはここに留まって社会福祉事業に尽力し、静岡市名誉市民の第一号に選ばれています。この邸宅の隣に残る「乳児院」の施設跡から、彼女の功績を偲ぶことができます。
高齢になったため帰国するに際し、屋敷の半分を静岡市に寄贈し、残り半分を静岡市が買い取りました。
こうして旧マッケンジー邸として残ったこの邸宅は、国登録有形文化財となって静岡市が管理しています。

海岸近くだったため、設計・施工には潮風から守る工夫が施され、ピアノが置かれたリビング、台所のシステム・キッチンやアメリカ製調理器具、水洗式のトイレ、地下室にボイラーを設置したスチーム暖房などの設備も、マッケンジー夫妻が生活していた当時のままに保存されています。
(三階は天体観測に使われていましたが、現在は入室できません。)また、庭のガレージには昭和22年製のキャディラックが当時のまま格納され、夫妻が持ち込んだ当時のアメリカ文化の豊かさを、今に伝えています。
庭のすぐ南側には現在、通称「いちご街道」と呼ばれる国道150号線の道路が通っていますが、当時は海岸が見渡せたはずです。駿河湾が広がる海辺の景色を、マッケンジー夫妻も眺めていたのでしょうか。


住所:静岡市駿河区高松2852番地   電話:054−237−0573(または静岡市文化財課054−221−1066)
入場料:無料
休館日:月曜(休日にあたる場合はその翌日)・祝日の翌日(土・日曜の場合を除く)・年末・年始(12月26日から翌年1月5日まで)
交通:バス 石田街道線(下島経由大谷行き「浜敷地」下車)    駐車場:あり

五面体の窓が特長のリビング

昭和15年の当時に設えられたシステムキッチン